ごきげんよう。早速だが理想の女はいるだろうか?いや、存在しないのである。

何故か?そもそも理想を何と定義するかによってくる。

自分の望むものを持ち合わせていて寸分の狂いもない完璧な女と定義した場合、その女性がいたとしても会う確率は0に近いのである。ましてや理想の家出女性や神待ち女性もほぼいない。自分の理想とはそぐわない女性の方が多いのである。もし出会い系で活動している家で女性が理想に限りなく近いと仮定しても、その子を完璧だと思うだろうか?否、たとえ完璧だとしてもアナタはどこかに完璧じゃないところを見つけてしまう。付け加えれば完璧じゃないところを探してしまう。ひとは完璧を信用できないからである。

 

裏風俗として使える出会い系サイトの掲示板には家出女性が出没するが、家出女性でも男たちは少なからず「家出女性」という人間をイメージをする。そのイメージとは恐らく、か弱く守ってあげたくなる小動物系の可愛い女性というものだろう。果たしてこのイメージに近い家出女性と出会えるだろうか?否、絶対に無理である。

裏風俗とは繁華街にある風俗やキャバクラと比べた場合、レベルは落ちる。一般人に毛が生えたようなレベルである。

家出女性にそもそも理想や良い方向のイメージを考えることは無意味である。むしろマイナスな要因である。

 

家出女性が男の求める女性である確率は極めて低いからである。家出女性を無意味に落ち込ませるようなものである。

家出女性でネカフェに寝泊りしていると半分はホームレスと同じようなものである。家出女性は女を売りにしているからギリギリのラインで食いつないでいるが、リッチなホームレスと言ってなんら間違いではない。

ここで主張すべき点は、裏風俗の女性に理想を求めるのは間違っているということである。

そもそも理想という言葉は現実ではありえない完璧な状態のことを指す。つまり目標であっても、実現不可能なことが多いのである。理想を追いかけている女性が長年彼氏ができないということもこの理論である。理想は現実的な思考ができていない人が考えやすい傾向にある。現実的な問題や思考ができなために理想ばかりが上をいくのである。処女と童貞の歳が年々上がってきている昨今の日本では、理想を追い求めて彼氏彼女ができない人があまりに多いからである。

当たり前だが、出会い系サイトでの裏風俗では妥協が抱ける人数に関わってくる。

妥協したほうがより多くの女性を抱ける。それに妥協をしたほうが良い女性の良さがよりわかるのだ。失って初めて良いものに気づくことが多いが、ないという認識はあるという認識からは得られないからである。

裏風俗で私がおすすめしていることは、自分の抱けると思われる最低合格ラインの女性を一度抱くことである。家出女性で言えば、一度太っている女性やブスな女性を援助することをオススメする。それで、理想などを考えなくても一般的な家出女性でも満足のいく裏風俗が楽しめるのである。

 

日本は贅沢に慣れすぎてしまったと個人的には思っている。メディアにより可愛い女性がテレビをつければ映ることから可愛くない女性がより可愛くなくみえるのである。

出会い系サイトでは写メコンテストも存在する。出会い系サイトのプロフに映る女性は自慢の詐欺メイクで目を巨大化させるのである。裏風俗や援助交際ではよくあることだが、出会ったらイメージと違うという事態だ。あれは事故にあったような衝撃が男性を襲うのである。

家出女性は決して騙すつもりは、ないのかもしれないが詐欺メイクは軽犯罪にして良いと個人的には感じているのである。

男性は理想は考えてしまう生き物だが、出会い系やSNSの出会いではあまり多くの期待をしていないのも事実である。裏風俗となると家出女性は生活がかかっているため盛大に家出掲示板での写りをごまかす。つまりは可愛く見せる為だ。

家出女性は家出女性で必死なのである。理想的な話をすれば、きっと家出女性側にも物申したいことがあるのだろうが、それは今回は取り扱わずに終とする。